ニュース

ベルギー初の抗生物質に関する合意:恒久的な削減という野心的な目標に向かって着実に進行中です。

ベルギー初の抗生物質に関する合意書の結果が以下のように発表されました:40,2%の全般的な削減、70,4%の医療用飼料の削減、70,1%の重要の低い抗生物質の削減。   

続きを読む

食肉輸入業者のために付加価値を生む一方でベルギーの食肉供給業者は新市場にどう円滑に適応していくのか?

続きを読む

BePorkの紹介: 最高品質のベルギーポーク専用統一レーベル

今年、ベルギーポークの最新品質レーベルである 「 BePork」が誕生しました。 BePorkは地域生産の保証と、餌生産者、養豚農家、運輸会社、食肉加工業者から販売現場までの各ブロックを生産支柱に統合することによって給餌から食卓までの管理を徹底した食肉です。

続きを読む

テーラーメイド:ベルギー食肉産業による新型コロナウイルス感染症パンデミックへの対応

ベルギー食肉産業は、いかにして新型コロナウイルス感染症パンデミックに対処してきたのか。当産業の柔軟な緊急時対応計画が、他産業への模範としても取り上げられており、ベルギーの生産者が、安全かつ高品質な食肉の提供に尽力していることを示す、素晴らしい例である。

続きを読む

OIEはベルギーのASFフリーのステータスを再認定

国際獣疫事務局(OIE)は、ベルギーに生息するすべての猪豚類においてASFフリーのステータスを発表しました。

続きを読む

欧州委員会はベルギーのASFウイルスフリーを宣言

2020年11月20日、欧州委員会はベルギーがASFウイルスフリーであることを宣言しました。

続きを読む

継続的な検査による確証:ベルギーの家畜豚ASF感染ゼロを維持

続きを読む

ベルギーの家畜飼料に使用する抗生物質を75%削減、総使用量で65%の削減

食品の安全性を高めるため、ベルギーは飼料や家畜に使用する抗生物質を大幅に削減し、2020年の目標を達成しました。新たな目標として、継続的な監視および追跡によって、2024年までに更なる使用削減を目指します。

続きを読む

フィリピンはベルギー産の欧州豚肉の輸入禁止措置を解除

ベルギーのASF対策の成功がフィリピン市場の再開に繋がりました。

続きを読む

アフリカ豚コレラ(ASF)無発症の状態を目指す第一歩 欧州委員会が承認 ベルギーはASFの感染ゾーンを縮小できる

続きを読む

動画:ベルギーのASF(アフリカ豚コレラ)拡散抑制フェンスシステム

ベルギーは、2018年の自国におけるASFの発生以来、多数のASF拡散抑制措置を講じてきました。その一つに、全長300キロにも及ぶフェンスシステムの構築があります。この動画では、バリアプログラムの展開についてご紹介し、その効果を評価します。

続きを読む

ベルギーの養豚:2018年度の事実と数字

ベルギーは、欧州産豚肉の世界有数の生産者かつ輸出国の一つです。長年の経験および輸出に向けられた明確な焦点に裏付けられた徹底した生産過程のおかげで、貿易市場における安定した地位を確立しています。

続きを読む

バイオセキュリティ、トレーサビリティ、監視:ベルギーのアフリカ豚コレラに対する効果的なアプローチの3本柱

野生イノシシにおけるアフリカ豚コレラの発生にも関わらず、ベルギーは家畜豚とその結果として豚肉をウィルス感染から守っています。ベルギーの信頼の置けるアプローチは、バイオセキュリティ、トレーサビリティ、通知に基づいています。

続きを読む

欧州産豚肉:3か国がベルギーからの輸入を再開

ベルギーは、養豚および豚肉生産過程において、バイオセキュリティを保証するために多数の対策を講じています。ベルギーにおけるアフリカ豚コレラの発生後、その有効性を実証しています。

続きを読む

欧州産豚肉:3か国でベルギーからの輸入を再開

2018年9月にアフリカ豚コレラが発生したにも関わらず、ベルギーは家畜豚および豚肉のウィルスフリーの状態を維持しています。

続きを読む

ベルギーのアストリッド王女が北京経済使節団を引率

中国-ベルギーフォーラム:アストリッド王女が経済使節団を引率

続きを読む

アフリカ豚コレラ: ベルギーがウイルス感染から豚肉を守り抜いた方法

ベルギーは、アフリカ豚コレラ(ASF)の発生に適切に対処しています。それがEUのASF専門家の結論です。ベルギーは、家畜豚や飼育されているイノシシをASFの感染からうまく守っています。そのおかげで、全ての豚の食肉はウイルスフリーであり、消費および輸出に適しています。ベルギー産豚肉の貿易はEUで無制限に行うことができます。

続きを読む

事実確認: ベルギーの食肉供給者は、どのように完全顧客中心主義を実践しているのでしょうか?

ベルギー産食肉がユニークな存在なのは、専門性を生み出す人々のおかげです。ブリーダーや食肉処理業者から輸出業者に至るまで、全ての関係者が顧客について把握し、カスタマイズサービスを提供しています。何故でしょうか?

続きを読む

歩留率の高い豚肉生産を牽引するベルギー

欧州標準格付けSEUROPに基づき、最高基準の食肉処理において主導的地位を占めています。

続きを読む

ヨーロッパの中心に位置する食肉生産国ベルギー

ベルギーは食肉の輸出において長い歴史を持ち、ヨーロッパの食肉生産業界の中で主導的役割を担っています。ヨーロッパの中心という立地が成功の鍵と言えます。

続きを読む

事実確認 : 何故ベルギーは、食品安全のパイオニアなのでしょうか?

ヨーロッパにおいて、ベルギーは食品安全の分野で先駆者的存在です。家畜用飼料から店頭に至るまで、最も厳しい管理およびトレーサビリティ基準が適用されます。主な差別化要因は何でしょうか?

続きを読む

人気のある5品種のブランド豚とその本物の味

消費者は、段々と伝統的な物や本物の味を求めるようになっています。これこそ、幅広い伝統的な豚の品種とブランドを提供するベルギーの会社の強みです。

続きを読む

ベルギー産食肉は、今や世界60か国に輸出されています。

ベルギーの食肉供給者は、豚肉輸出の専門家だと考えられています。世界60か国の顧客の間で、彼らのサービスは評判です。

続きを読む

ベルギーの供給者の卓越したところは?

「世界中の国々へ輸出する際の姿勢」です。その姿勢は、ベルギー食肉供給者の傑出した要素の一部です。

続きを読む

ベルギーにおけるアフリカ豚コレラの発生は野生イノシシのみであり、家畜豚では発生していません。

アフリカ豚コレラが発生していますが、ベルギーでは現在でも、家畜豚および飼育されるイノシシに関しては未発生ステータスを維持しています。家畜豚においては発生していません。

続きを読む

出版物

豚肉カタログ

食肉カット:ベルギーの食肉卸売業者により提供される、幅広い欧州産カット豚肉

ダウンロード

ベルギーの食肉卸売業者ガイド 2020

ベルギーの食肉卸売業者の概要:製品仕様、活動、認定、輸出先などが記載された、ベルギーの食肉卸売業者についての完全な概要

ダウンロード

Get in touch with the Belgian meat suppliers

The Belgian meat suppliers are ready to offer a Certified European pork solution tailored to your needs. Leave your contact details and we’ll find the meat supplier that’s most fit to help you.

VLAM
Koning Albert II-laan 35 bus 50
B-1030 Brussel
T: +32 2 552 80 11
F: +32 2 552 80 01
E: meatinfo@vlam.be

弊協会に関するニュースを見る 予定イベント