概要に戻る
7 9月 2021

ベルギー初の抗生物質に関する合意:恒久的な削減という野心的な目標に向かって着実に進行中です。

ベルギーのナレッジセンター「動物における抗菌薬の消費量と耐性」(AMCRA)は、Jeroen Dewulf教授が議長を務め、ベルギーの家畜における抗生物質の使用に対する戦いに取り組んでいます。AMCRAは、「抗生物質合意2016 – 2020」を通じて、2020年までに抗生物質の使用量を持続的に削減するための野心的な目標を定めました。抗菌剤耐性は世界的な懸念事項であり、ベルギーの畜産部門はそれを強く認識しています。AMCRAのパートナーとして、このセクターは自らの責任を果たすことができます。

最近発表されたBelVet-SAC Report-SAC 2020によると、2011年~2020年の間に、ベルギーの畜産部門では、抗生物質を投与された飼料の量が70.4%減少したことを示しました。同時同時に、極めて重要な抗生物質(第3世代および第4世代のフルオロキノロン系およびセファロスポリン系)の使用量が70.1%削減され、抗生物質全体の使用量が40.2%削減されました。これらの結果は有望です。

究極の野心は抗生物質耐性を持続的に減少させることです。その列車は今、本当に動き始めたようです。

全体的な結果は否定の余地がありません。そして、関係者全員がこの取り組みを継続しようとしていることについても同様です。究極の野心は、抗生物質耐性の大幅な低下です。

その列車は今、本当に動き始めたようです。2012年以降、ベルギーの獣医療におけるコリスチンの使用量は71.3%減少しました。この重要な抗生物質は、人間の医療においても、多剤耐性菌による重篤な感染症への最終手段として使用されているため、これは重要なシグナルです。

最も重要なことは、AMCRAの調査によると、動物由来の多剤耐性大腸菌の数の減少傾向は2020年も継続しており、決定的に重要な抗生物質の抗生物質耐性も減少していると判明したことです。

抗生物質の使用量を減らして持続可能なものにするための前向きな動きが始まり、セクター全体として、まだ改善の余地がある選択された道を歩み続けることを決意しています。

 

2024年に向けた新たな野心

2021~2024年の新抗生物質条約に向けて、4つの主要な目標がビジョンステートメントで概説されています。

  1. 農場レベルでのAB型抗生物質の使用に関するセクター別の閾値を決定し、ヘビーユーザーを最大1%にするよう努力すること。
  2. ベルギーの動物における抗生物質の総使用量を、2011年と比較して65%削減するように移行してゆくこと。
  3. コリスチンの総使用量をバイオマス1kgあたり1mg以下に削減してゆくこと。
  4. 抗生物質を添加した飼料を2011年対比で75%削減すること。

これまで以上に、抗生物質の使用に関してあらかじめ定められた制限値を超えて、すでに危険水域に入っている個々の農場のレベルで、あらかじめ定められた削減経路に焦点が当てられます。また、それらの結果に基づいて、コーチング、ガイダンス、啓蒙活動に焦点が当てられます。

品質システム、自己監視、自己規制が、最終的には規範となるべきものです。

抗生物質の使用をさらに削減するためには、農家とともに同行する獣医師の両方が協力して取り組む全体論的なアプローチが必要です。 品質システム、自己監視および自己規制が、最終的には標準になるべきものです。

自己規制の余地

そのための重要な条件は、「自主規制の余地」です。
例えば、Jeroen Dewulf(イェロン・デブルフ)教授などのような、抗生物質とアニマルヘルスの分野における第一人者は、過剰な規制は逆効果となり、現在見られるような良い傾向を脅かす可能性があることを以前に指摘していました。もちろん、政府は常に監視可能な法的枠組みを提供すべきです。

Jeroen Dewulf: 「畜産農家には、少なくともある程度の余裕を持たせることが重要だと私は思います。皆さんがどうしても守れないような測定値で畜産農家を圧迫してしまうと、彼らのモチベーションは次第に薄れて行きます。」

養豚場に大きな影響を与える対策として一部を列挙しますと、水質、年齢グループの維持、豚舎の過剰飼育の回避、適切な購入や検疫ポリシーなどがあります。これらは、農民が自分たちの重要性と効果をよく理解していれば、自分たちで適用できる対策なのです。

意識、バイオセキュリティ、衛生管理は、抗生物質耐性に対する私たちの最強の武器です。

予防医療の課題は、治療医療とは異なり、何かの具体的な結果が出てこないことです。動物が病気でなければ、目を引くものは何もありません。豚舎内が健康面で順調に推移している限り、養豚業者はほとんど注意を払わないでしょう。だからこそ、私は繰り返し言うのです。意識、バイオセキュリティ、衛生が抗生物質の使用を減らすための、最大の武器になるということです。私は、2024年までにすべての目標を達成するために、この分野がステップアップすることを期待しています。」

出版物

豚肉カタログ

食肉カット:ベルギーの食肉卸売業者により提供される、幅広い欧州産カット豚肉

ダウンロード

ベルギーの食肉卸売業者ガイド 2020

ベルギーの食肉卸売業者の概要:製品仕様、活動、認定、輸出先などが記載された、ベルギーの食肉卸売業者についての完全な概要

ダウンロード

Get in touch with the Belgian meat suppliers

The Belgian meat suppliers are ready to offer a Certified European pork solution tailored to your needs. Leave your contact details and we’ll find the meat supplier that’s most fit to help you.

VLAM
Koning Albert II-laan 35 bus 50
B-1030 Brussel
T: +32 2 552 80 11
F: +32 2 552 80 01
E: meatinfo@vlam.be

弊協会に関するニュースを見る 予定イベント