概要に戻る
29 9月 2021

日本はベルギー産豚肉の禁輸措置を解除した14番目の国です。

2018年9月にわが国でアフリカ豚熱(ASF)が発見されたことを受けて、30の国と地域がベルギー産豚肉の輸出を一時的に制限しました。その後、14カ国がベルギー産豚肉の禁輸措置を解除しました。これは、連邦フードチェーン安全庁(FASFC)が発表したものです。ベルギー食肉公社にとって、これらの市場が再開されることは非常に重要です。「このことは多種多様な食肉製品を購入する様々な市場にかかわってきます。」とジョリスコエーネン氏は述べています。

ベルギーは2020年10月1日にASFフリーのステータスを回復しました。世界動物保健機関(OIE)による公表は2020年12月21日に行われました。その後、FASFCは、ベルギー産豚肉の輸出を制限していた国や地域との交渉を開始しました。一方、韓国、南アフリカ、シンガポール、ベラルーシ、メキシコ、ウルグアイ、ウクライナ、ロシア、フランス領ニューカレドニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、タイ、ニカラグアはすでに禁輸措置を解除しています。ベトナム、マレーシア、フィリピンは、(OIE) 国際獣疫事務局が報告書を発表する前に解除しています。

日本が重要なシグナルを発信

日本は、ベルギー産豚肉の禁輸措置を解除した14番目の国となりました。VLAMの食肉輸出機関であるベルギー食肉公社(BMO)のジョリス コエーネン氏は、「日本は世界最大の豚肉輸入国のひとつですから、これも重要な一歩です」と言っています。

I禁輸措置前の2018年に、ベルギーは日本に約600トンの肉を輸出していました。「これは、他の国が購入する量に比べれば、決して多い量ではありません。日本が急に大量に輸入してくれるとは思っていません」とJoris Coenen氏は期待感を煽ります。「しかし、日本の厳しい衛生管理は、この地域のモデルとなっています。したがって、この市場の再開は、まだこのステップを踏んでいない第三国(EU域外の国など)に対する重要なシグナルとなります」。

日本はその厳しい衛生規制により、地域のモデルとなっています。そのため、この市場の再開は重要なシグナルとなります。

“他の禁輸措置がいつ解除されるかは何とも言えない。すべての国と交渉を続けられていて、一部の国ではうまくいっていますが、すべての国ではそうではありません。OIEの報告書が固く揺るぎないものであるため、正確な理由を推測することしかできないことが多いのです。また、話がまとまるかどうかという問題もあります」とコエーネン氏は説明します。

数パーセントの違いで、大きな違い

ベルギーはASF危機以前に、約10万トンの豚肉を第三国に輸出していました。このシェアは非常に小さいものです。「市場の中心はベルギーとその周辺のヨーロッパ諸国です」とコエーネン氏は語り、ベルギー産豚肉の80〜90%はヨーロッパ内で消費されていると指摘します。

ヨーロッパ以外では、中国、韓国、フィリピンが最大の顧客です。「これらの国の輸入者は、さまざまな品質の製品を求めており、それには私たちが提供できることです。同時に、このことは豚肉の価値創造という点でも、私たちにとって重要なことです」とコエーネン氏は説明します。

国によっては、私たちの地域では人気のない豚のある部位が高く評価されることもあります。「優れたミートカッター職人は、屠殺肉から最大限の価値を引き出すことができます。これは多くの企業にとって最大の課題です」。

引用 “これらの国の輸入者は、さまざまな品質の製品を求めており、それは私たちが提供できることです。同時に、豚肉の価値創造という点でも、これは私たちにとって重要なことです。

「しかし、だからこそ、こうした多様な市場が重要なのです。捨てないとゴミになってしまう部位もあります。循環型社会や持続可能性を考えると、これらは非常に重要なデータです」とコエーネン氏は言っています。

欧州にとっての豚肉輸出の重要性

欧州は純輸出国ですから、14の第三国が再開されたことも良いことです。ヨーロッパは純輸出国であり、輸入量よりも輸出量の方が多いのです。すなわち、生産量が消費量を上回っているのです。したがって、ヨーロッパ以外の国との貿易は当然のことなのです。

出版物

豚肉カタログ

食肉カット:ベルギーの食肉卸売業者により提供される、幅広い欧州産カット豚肉

ダウンロード

ベルギーの食肉卸売業者ガイド 2021

ベルギーの食肉卸売業者の概要:製品仕様、活動、認定、輸出先などが記載された、ベルギーの食肉卸売業者についての完全な概要

ダウンロード

ベルギーの食肉卸売業者と連絡を取る。

ベルギーの食肉卸売業者は、お客様のニーズに合わせた欧州産豚肉ソリューションのご提案を用意しております。連絡先の詳細情報をご記入の上お問い合わせいただければ、お客様に最もふさわしい食肉卸売業者をご紹介致します。

VLAM
Koning Albert II-laan 35 bus 50
B-1030 Brussel
T: +32 2 552 80 11
F: +32 2 552 80 01
E: meatinfo@vlam.be

弊協会に関するニュースを見る 予定イベント